FXデイトレード

プロフィール

副業FXトレーダーごでんの実績

外為オプションで200万以上利益を出すことに成功しました。

↓クリックで証明書を拡大して見れます。

DMMFX

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

管理人副業FXトレーダーごでんが実践検証したFX情報商材

ドラゴンストラテジーFX
ドラゴンストラテジーFX

5分足を使用した優秀なシグナルツール

5分足でドラゴンアローがでたらエントリーで直近高値安値にストップを置いて、ドラゴンバンド、ドラゴンメーターをみて手動で決済することになります。

パリス昼豚の5万円FX
パリス昼豚の5万円FX

FXデイトレードの王道商材

FXデイトレードはこうやって稼ぐといった内容の優良商材です。初心者はまず、こういった商材で経験をつむべきだと思います。パリス昼豚のトレード履歴を見

FXB-Manual
FXB-Manual

チャンスは少ないがしっかり利益を残せるトレード手法

FXBマニュアルは、ラインを使ったトレード手法ですので、チャンスが少なく、慣れないとダマシに多く合うというデメリットはありますが、それを補う優位性があります。FXBさんは無料でもたくさんの情報を配信してくれるので有料の情報を買う買わないに関わらず利用したほうがいいと思います。副業的にはかなりかなりオススメできる商材です。

くるくるワイドルールをガチガチに作ってみました。

2016年06月08日

securedownload

くるくるワイドって複雑でわかりにくいですね。

 

そこで自分なりにルールガチガチに作ってみました。

 

まず、1000通貨単位でトレードするには20万円の証拠金が必要です。

 

これで本体1万4千通貨、トラップ1000通貨50銭ごと50銭利食いで仕掛けます。

 

本体とトラップは基本ですので、これが理解できないと先へ進めません。

 

それと、ヘッジ、仮想建値、複利の3つの武器を使っていきます。

 

思い切って固定ポジション、ピンポンなど武器は使いません。

 

本体とトラップが基本でそれにヘッジを休まず続けるというのが大事です。

 

ただ、逆行相場ではヘッジが少なくなってくるか、大幅逆行するとヘッジができなくなります。

 

ですので仮想建値で建値を現在レートに近づけていきヘッジをできるだけかけていきます。

 

ヘッジできる量は計算式があるのですが、計算が面倒くさいので早見表作りました。

 

逆行なし 7千通貨

0~1円 5千通貨

1~2円 3千通貨

2~3円 2千通貨(厳密には1800通貨だがきにしない)

 

なので、現在レートを建値から3円以内に収まるように仮想建値を維持していきます。

 

本体1万4千通貨ですので、1万4千円の利益で1円レートを有利なポジションにできます。

 

仮想建値も計算が面倒くさいので、1円づつレートを近づけていきます。

 

私の場合は113.380円でドル円ロング本体で入って6万円の利益があります。

 

このうち

1万4千円×4円=5万6千円

を使って、建値を109.38円に下げたと考えます。

 

これで106.38円までレートが下げてもヘッジができます。

 

今はドル円107円なので2千通貨のヘッジができる状態です。

 

ですが106.38円を割ったらヘッジができなくなります。

 

その時点で7万円利益があれば1万4千円×5円=7万円で5円建値を下げられますので、105.38円までヘッジ可能となります。

 

では、利益が増えずこれ以上仮想建値を下げられない場合は、どうするか。

 

そこまで下げる相場ですと、ヘッジは塩漬けになっていないはずですので、いったん仮想建値を解除します。

 

 

そうなると、仮想建値に使っていた5万6千円の利益を戻して、6万円の確定利益があることになります。

 

その6万円を複利に割り当てます。

 

攻撃的複利 5円ストップ 1000通貨建てるのに5千円必要

現実的複利 7円ストップ 1000通貨建てるのに7千円必要

非現実的複利 25円ストップ 1000通貨建てるのに2万5千円必要

 

6万円を3分の1づつ振り分けると2万円づつになります。

 

そうすると攻撃的複利4000通貨、現実的複利2000通貨、非現実的複利は建てられない、となります。

 

合計6000千通貨の買いポジションを106.38円以下で建てます。

 

そして、106.38円超えるところまでレートが戻ってきたら決済します。

 

そうすると複利に使っていた6万円の利益がまた使える状態になりまうすので、それを使って再び仮想建値で、本体の建値レートを下げます。

 

複利で1万4千円以上利益がでていれば、さらに仮想建値に使える利益が増えるのでさらに仮想建値を下げることができます。

 

これで再びヘッジができるようになります。

 

最悪のパターンは攻撃的複利5円ストップ、現実的複利7円ストップに引っかかることです。

 

こうなると運用破綻の可能性もありますので、その点は注意してください。

 

ただ、5円、7円とさげるということはトラップがヒットしまくっているはずですので、確定利益も増えているはずですので、下げた分出口を近づけてポジショントータルではマイナスだが、確定利益と合わせると少しプラスになっているはずです。

 

考え方は、本体、トラップ、ヘッジをメインにトレード。

 

とにかくヘッジを休まない。トラップ利益とヘッジ利益は区別せず、利益はまずは仮想建値に使います。

 

とにかく、ヘッジ→利益→ヘッジ→利益→仮想建値→ヘッジ→利益 とまわしてできるだけヘッジを休まず行います。

 

仮想建値をしてもヘッジができないほど逆行しているときは仮想建値解除して、複利に回します。

 

ただ、複利を建てるのはリスクもあるので、やらなくてもいいと思います。

 

そのほうがシンプルですが、ヘッジできないときにトラップだけを利益の源泉にするのはもどかしいので、複利を入れるようにしています。

 

本体、トラップ、ヘッジ、仮想建値だけでもいいかもしれないですね。

 

くるくるワイドは基本編と実践編、応用編などに分けていただくとわかりやすいかもしれません。

 

一番難しいのは確定利益をどのように割り振るかということです。

 

ここではとりあえず仮想建値だけに割り振ります。

 

仮想建値でも現在レートが3円以内に収まらないときは、仮想建値解除して、複利に割り振ります。

 

こうやって決めうちすれば迷いなくトレードできると思います。

 

ですので、さらに複雑になってしまう固定ポジションというものは利用しません。

 

別に固定ポジション建てても、本体建値から3円逆行したら固定ポジション決済して、仮想建値にするルールにすればそれほど複雑ではないです。

 

利益を割り振りの順位としては

 

本体建値から       仮想建値から

3円以内    3円以上  3円以上 逆行

固定ポジション→仮想建値→ 複利

 

となります。

 

ただ、固定ポジションは逆行でのリスクヘッジになりますが、巡行すると利益が少なくなるというデメリットがあります。

 

やはり、スキルを上げて本体ポジションで利益をとれるようにしたほうがいい。

 

わたしは、ポジションが多くなると複雑になってしまうので、固定ポジションはなしで、仮想建値、複利だけで運用でいいと思っています。

 

本体、トラップ、ヘッジは基本でですので、この3つは絶対セットで行うべきです。

 

ただ固定ポジション、複利は各自の裁量にゆだねられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くるくるワイド ヘッジロスカット

2016年06月06日

securedownload

 

先週の雇用統計で円高が進んだので、本体ロングがきつくなってきました。

 

かねてから塩漬けだったヘッジをロスカットしました。

 

朝方106.43で106.27と105.55くらいで分けて持っていた売りのヘッジポジションをトータル5000円くらいのロスカットしました。

 

105.50が大きな抵抗線なのでそこまで下がらないかもという判断です。

 

そもそも、このレベルでのヘッジはしてはいけなかったですね。

 

もしくは、最小単位でやるべきでした。

 

円安に進んでくれればいいんだけど、複利ロングも我流で111円という高いレベルで取ってしまったので、この下げ相場できついことになっています。

 

ということで5万円追加入金しました。

 

ですのでトータル25万円残ればOKという考えです。

 

 

雇用統計予想と結果

2016年06月04日

雇用統計予想と結果
日本時間の2016年6月3日21時30分頃に発表された
【指標】(米)5月非農業部門雇用者数
【予想】 +16.0万人
【結果】 +3.8万人

【指標】(米)5月失業率
【予想】4.9%
【結果】4.7%

 

非農業部門雇用者数悪化でドル円は大幅に売られる展開に。

 

これで利上げが遠のきそうですが、数字上の問題で来月修正されそうですね。

 

くるくるワイドは、またしても含み損増えました。

 

複利を建てる位置を間違えました。

 

実戦で失敗しながら体得していったほうがいいですね。

 

 

 

 

 

 

 

くるくるワイド 出口見えるもヘッジ間違えた

2016年05月30日

securedownload

20万円スタートです。

確定利益 59000円

含み損 92000円

 

実質含み損33000円です。

 

塩漬けのヘッジが37000円あります。

 

これがなければプラス4000円でした。

 

113.38円でのロング本体に対しての105円台、106円台でのヘッジですから、このレートでのヘッジはやるべきではなかったですね。

 

まだ、くるくるワイドを理解していないときでのヘッジ塩漬けです。

 

出口は112.38から112.88くらいで、少しのロスカットを覚悟しています。

 

今後はヘッジのやり方変えていこうと思います。

 

 

 

 

 

くるくるワイド

2016年05月13日

現在の状態です。

証拠金 20万円

確定利益 5万千円

含み損 9万円

有効証拠金 16万円

 

ドル円膠着状態で、含み損9万円前後で足踏みです。

その間も、トラップヒットで確定利益が5万1千円と千円だけ増えました。

くるくるワイド、レンジ相場っていいかもね。

ヘッジが塩漬けなので、ヘッジができればもっと確定利益を積み重ねられたかもですね。

ここらへんは、経験積んでいくしかないですね。

適当にやっても今のところ、破綻していないので、この手法、一考の価値ありです。

 

 

 

 

 

雇用統計予想と結果

2016年05月06日

雇用統計予想と結果
日本時間の2016年5月6日21時30分頃に発表された
【指標】(米)4月非農業部門雇用者数
【予想】 +20.0万人
【結果】 +16.0万人

【指標】(米)4月失業率
【予想】4.9%
【結果】5.0%

 

非農業部門雇用者数が予想より悪い結果になりました。

 

しかし、それほどドル円は下げませんでした。

 

106.5くらいまでです。

 

円高圧力も限界に来ているようです。

 

これは来週からの本邦指標や伊勢志摩サミットで大きく円安の巻き返しがありそうです

 

その場合には相場の雰囲気からして絶好の売り場になりそうです。

 

私はくるくるワイドでヘッジが塩漬けなので一旦106円を割って欲しいと思います。

 

そのまま円安方向位に行ってもいいですが、急落希望ですね。

 

 

ドラストFXヒデから新たな商材のオファーが

2016年05月02日

ドラストFXヒデから新たな商材のオファーがありました。

 

ミリオネア・トレードFX

http://millitre-fx.s3.amazonaws.com/top/rys_pre.html

 

一応上がリンクURLです。

 

通常のアフィリはしてないようです。

 

29800円という価格が多いですね。

 

一番売れやすい価格帯なんですかね。

 

ミリオネア・トレードFXの中身はわかりませんが、ロジックは移動平均とパラボリックだそうです。

 

移動平均は使えるけど使い方次第ですね。

 

ぶっちゃけこれだけで稼げるほど甘くないです。

 

ヒデもドラストFXだけに力を入れればいいのですけど、これではただの商材屋になってしまいます。

 

プレミアクラブもよかったんですけど、チャート張り付きがきついですね。

 

 

 

 

 

 

 

くるくるワイド

2016年04月29日

securedownload (2)

円高で含み損拡大です。

 

3月28日からの20万円スタートでの運用で確定利益が4万円でした。

 

月利20%ですが、含み損8万5千円です。

 

果たして含み損解消できるか、あとは消費税増税延期に期待です。

 

1%だけ上げるなど、苦肉の策も考えられているようなので、どうなることやら。

 

 

 

日銀失望売り

2016年04月28日

日銀の金融政策の現状維持を受け失望売りでドル円大幅な円高です。

 

現在運用中のくるくるワイドは

securedownload

 

順調に本体の円安方向に行っていたのですが、急激な円高でまたも含み損増えました。

 

ですが、塩漬けになったトラップが次々とヒットして確定利益を3万8千円までに伸ばしました。

 

塩漬けになているヘッジが解消されてくれるといいんですがね。

 

とりあえず、くるくるワイドは本体とトラップだけでもいいかもしれません。

 

ヘッジは本当は逆行相場では減らさなければいけないのですが、私はヘッジを分割することによってヘッジ量のコントロールをしています。

 

ここはドラスト使ってある程度優位性のあるとことでヘッジも仕掛けようと思います。

 

ただ、今持っているポジションをしっかり整理していきたいと思います。

 

 

専業トレーダーの心構え

2016年04月27日

ドラストプレミアクラブで専業トレーダーの心構えの講座がありました。

 

そこでは相場状況に合わせてトレード手法を変えていくというものがありました。

 

確かにそうで、トレンドラインが効いているところやサポートがきいているところなど相場状況に応じてトレードしていくというものです。

 

もはやドラストのシグナル関係なくなっちゃってる、と思います。

 

ドラストは統計的に優位なパターンでシグナルが出るようになっていますが、これでだけで勝てるわけではないですね。

 

相場状況にあわせてトレードしなければいけないので、やはり時間的な余裕がないとFXで利益を上げるのは難しいかもしれません。

 

わたしはプレミアクラブ利用してできるだけ楽にトレードできる方法を模索していきたいと思います。

 

 

 

 

 

当サイトからの購入特典

外為オプション経済指標攻略トレード

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索