FXデイトレード

プロフィール

副業FXトレーダーごでんの実績

外為オプションで200万以上利益を出すことに成功しました。

↓クリックで証明書を拡大して見れます。

DMMFX

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

当サイトからの購入特典

外為オプション経済指標攻略トレード

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索


ヤフオクでFX情報商材を買ってみた。

2014年04月10日

ヤフオクでFX情報商材を買ってみました。

1つ5000円くらいなので、お試しに購入してみました。

結果は、内容を見てガッカリです。

一応、トレードスタイル別にパターンをまとめてみました。

 

①スキャルピング

勝率100%に近いことをうたっていますが、内容は、ほとんどが一般的なテクニカルを使った逆張りナンピンマーチンゲールです。

ナンピンやマーチンゲールの意味がわからない方はググって自分で調べましょう。

これぐらいわからないと商材屋のいいカモになってしまいます。

ナンピンマーチンゲールの怖いところはコツコツドカンです。

マーチンゲールを無限にやっていけば勝率は100%になるんでしょうけど、そこまで資金が持ちません。

たった数百円のために数百万円用意しなければきついです。

万が一ロスカットになったら一気に数百万円がパーです。

たかが数百円のために数百万円をパーにするバカがいますか。

スキャルピング系の商材を販売しているほとんどがナンピンマーチンゲールのようなコツコツドカーンのようなトレードを紹介しています。

ですので、勝率100%に近いスキャルピングをうたっている商材はほぼ詐欺的な商材と見て間違いありません。

世の中100%なんてありえません。

 

②デイトレード

デイトレード系の商材で多かったのは、レンジブレーク系の商材です。

時間やプライスに注目してレジスタンスやサポートラインを引いてそこをブレークしたらエントリーというパターンが多かったです。

これはこれでダウ理論のようにある程度の優位性はありますが、勝率が90%を超えるような手法はありません。

勝率が50%ちょっとぐらいがいいところじゃないでしょうか。

散々労力を使って儲かるか儲からないか、ギリギリのラインです。

これだったらマックのバイトの方がより確実に儲かると思います。

好きな人はやってもいいのでしょうけど。

ただ、レンジブレークアウトはやり方によってはかなり使える方法ですので、いい手法に出会えれば有効です。

ちなみに、FXBマニュアルはレンジブレークアウトに近い手法です。

チャートパターンなどを見ていきますので、その他のFX情報商材よりかなり優秀ですが。

 

 

③スイングトレード

ポジションを長期間もって行うトレードですが、最近は金利差スワップも少なく、乱交下することも多いので差益もとれないということで人気がありませんね。

この手の情報商材で多いのが、業者間金利の差を利用したスワップ金利ですね。

スワップで魅力的なのが豪ドル円です。

今は多いところで1万通貨で1日80円くらいです。売りだとマイナス70円位になります。

この金利差を利用したトレードが多いですね。

この金利差スワップを利用しても1万通貨で1日10円の利益にしかなりません。

月に300円ですよ。

さらに、売りでポジション持ったポジションはスワップで赤字が付くので、保証金を多く入れなければ強制ロスカットになってしまいます。

このためには少なくとも数十万円の資金が必要です。

月300円のために数十万円ですよ。

確かに銀行の金利より高いですが、手間暇とリスクを考えたら、割に合わないと思います。

ちなみに、これで月数十万円稼げる商材がありましたが、保証金で1億円以上必要になります。

1億あったら、日本国債でも買ったほうが、ほったらかしで、日本が破綻しない限り元本は保証されますし、0.3%前後の金利が付くので、1億円あれば金利が年間300万円くらいにになるので、こちらのほうがはるかに現実的な投資だと思います。

 

 

以上、見てきたように、まともな商材はないのが現状ですね。

デイトレードのレンジブレイクアウト手法は使えますが、高いお金を出さなくても、市販の書籍で十分です。

私が紹介している情報商材は上記のどれにもあてはまらないのでオススメしているのですが、それでも合う合わないがありますので慎重に検討する必要があります。

ちななみに、新バイナリーオプションの商材も探しましたが、国内に対応したものはほとんどありませんでした。

海外のバイナリーオプションは幾つかありましたが、海外は預けた保証金が帰ってくることが保証されないので注意が必要ですね。

実際、バイナリーは海外の方が儲かるらしいですね。

ただ保証金が戻ってこないリスクがあります。

そこらへんは個人でどこまでリスクを取れるかによりますが。

国内向けのバイナリーでは私が紹介している勝率100%の手法しかないような気がします。

100%なんてありえないですが、私の感想としてはほぼ100%です。

数年あるいは数十年に1度の大相場が、この数分に起これば負けることも考えられますが、現実的にはありえないと思います。

ルール変更がない限り安定的に稼げるというのが正直な感想です。

 

今回のヤフオクのFX情報商材の検証でわかったことはスキャルピングとスイングトレードに関しては、それがテーマになっているだけでほぼ価値のない情報です。

デイトレードは中にはいいものもありますが、それでも一般の書籍で学べるレベルを超えていません。

では何を信用すればいいのかというと、現在私が検証しているスイングトレード手法と、シグナル配信を試してみようかなと思っています。

また次回できれば結果とともにご紹介しますね。

 

 

 

 

 

 

コメント

現在、この記事へのコメントは受け付けていません。