FXデイトレード

プロフィール

副業FXトレーダーごでんの実績

外為オプションで200万以上利益を出すことに成功しました。

↓クリックで証明書を拡大して見れます。

DMMFX

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

当サイトからの購入特典

外為オプション経済指標攻略トレード

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索


GMOクリック証券外為オプションルール変更

2014年04月29日

Baidu IME_2014-4-29_14-1-26

 

GMOクリック証券外為オプションのルールが少し変更になりました。

ドル円では判定レートが10銭毎で上下80銭の範囲でしたが、変更後はボラティリティに応じて半テーレートが5銭ごと、上下50銭になるときがあります。

GMOクリック証券はボラが上がりそうな時は判定レートの幅を上げることもあるといっているので、今後の雇用統計などボラが上がりそうなときに様子を見てみたいですね。

5月12日にマイナーチェンジがまたあるそうなのでそのときにまた見てみたいですね。

にしても、新ルールになって数ヶ月で変更の多いこと。

今回のルール変更も25日告知で28日適用なんで、GMOクリック証券には少なくとも1か月前には告知するように金融庁には指導してもらいたいですね

 

 

GMOクリック証券外為オプション4月21日の週の収益

2014年04月28日

Baidu IME_2014-4-28_15-16-37

プラス24750円でした。

 

さて今週は重要指標が目白押しです。

 

ほとんど動きがなかったドル円も今週は大きく動く可能性が高いです。

 

ボラが上がるとういうことは利益を上げる可能性もありますが、損失をだす可能性もありますので、慎重に聞きたいところですね。

ドル円デイトレード

2014年04月25日

Baidu IME_2014-4-25_15-15-44

プラス15pでした。

 

このトレードをやってから1週間で約25pでした。

 

このトレードは決まった時間にトレードするのでストレスなくていいかもしれないですね。

 

昨日はNYダウが始値と終値が同じでしたね。珍しいことです。

 

 

ドル円デイトレード

2014年04月23日

Baidu IME_2014-4-23_13-38-32

プラス5pでした。

 

来週にイベントが盛りだくさんなので、今週は動かなそうですね。

 

今週は休んだほうが良さそうです。

 

日本では来週からゴールデンウィークですが。

ドル円デイトレード

2014年04月22日

Baidu IME_2014-4-22_14-34-43

プラス4pでした。

 

イースター休暇明けというのもありますし、来週にはFOMC,日銀政策決定会合、米雇用統計があるので今週は大きな動きは期待できませんね。

 

今回のデイトレードはチャートやファンダメンタルだけによらない手法です。

 

具体的には株式相場の動きとある時間帯の値動きだけでトレードしています。

 

私はこうゆうトレード好きです。

 

チャートやファンダだけでは勝てないというのが経験則上ありますので、

 

 

 

 

 

GMOクリック証券外為オプション4月14日~18日の収益

2014年04月19日

Baidu IME_2014-4-19_14-39-3

 

外為オプションは時間が決まっているので、チャートに張り付かずとも決まった時間にサクっと稼げるのがいいですね。

 

ただ、新ルールでは有利なポイントでは倍率が低くなるので大きく稼ぐのは難しいですね。

 

たまにある高倍率のポイントを狙うのもアリですが、チャートや取引画面に張り付かなければいけません。

 

オプションはあくまでもおまけですので、時間を労力をかけずにサクっと稼ぐのがいいと思います。

 

オプションは業者のルールに振り回されるので、またいつ変更があるかわかりませんので、また、変更があったら対策を考えるとして、やはり条件の変わらないFXで稼ぐ方法を研究することに力を注いだほうがいいかと思います。

 

 

 

ポンドドル買いました。

2014年04月17日

ポンドドル1.6810で買いました。

 

リミットは1.71、ストップは1.67です。

 

明日からイースター休暇なので大きく動くことはないと思いますが、長期的な目線でポジションを持ちます。

 

 

GMOクリック証券外為オプション4月7日から11日の収益

2014年04月14日

Baidu IME_2014-4-14_8-55-21

プラス21000円でした。

 

外為オプションは判定レートを超える動きになるかも難しいですが、倍率の変動が激しいのも難しいです。

 

確率統計に基づいて算出されているので、勝てる確率の高いポイントでは倍率が低くなります。

 

勝てそうなポイントで倍率があるポイントでトレードするチャンスは滅多にないような気がします。

 

オプションは大きく狙わず、片手間で少しづつ稼いでいったほうがいいかと思います。

 

FXスイングトレード戦略

2014年04月10日

FXスイングで現在検証しているのがこれです。

 

豪ドル円を基本にスワップと差益を狙っていく方法です。

 

日足ベースなのでチャンスは少ないです。

 

トレードロジックはシンプルにMAクロスです。

 

これだけでも十分利益がでるそうな。

 

私はできればのんびりトレードで、本業をちゃんとやるスタンスですので。

 

 

ヤフオクでFX情報商材を買ってみた。

2014年04月10日

ヤフオクでFX情報商材を買ってみました。

1つ5000円くらいなので、お試しに購入してみました。

結果は、内容を見てガッカリです。

一応、トレードスタイル別にパターンをまとめてみました。

 

①スキャルピング

勝率100%に近いことをうたっていますが、内容は、ほとんどが一般的なテクニカルを使った逆張りナンピンマーチンゲールです。

ナンピンやマーチンゲールの意味がわからない方はググって自分で調べましょう。

これぐらいわからないと商材屋のいいカモになってしまいます。

ナンピンマーチンゲールの怖いところはコツコツドカンです。

マーチンゲールを無限にやっていけば勝率は100%になるんでしょうけど、そこまで資金が持ちません。

たった数百円のために数百万円用意しなければきついです。

万が一ロスカットになったら一気に数百万円がパーです。

たかが数百円のために数百万円をパーにするバカがいますか。

スキャルピング系の商材を販売しているほとんどがナンピンマーチンゲールのようなコツコツドカーンのようなトレードを紹介しています。

ですので、勝率100%に近いスキャルピングをうたっている商材はほぼ詐欺的な商材と見て間違いありません。

世の中100%なんてありえません。

 

②デイトレード

デイトレード系の商材で多かったのは、レンジブレーク系の商材です。

時間やプライスに注目してレジスタンスやサポートラインを引いてそこをブレークしたらエントリーというパターンが多かったです。

これはこれでダウ理論のようにある程度の優位性はありますが、勝率が90%を超えるような手法はありません。

勝率が50%ちょっとぐらいがいいところじゃないでしょうか。

散々労力を使って儲かるか儲からないか、ギリギリのラインです。

これだったらマックのバイトの方がより確実に儲かると思います。

好きな人はやってもいいのでしょうけど。

ただ、レンジブレークアウトはやり方によってはかなり使える方法ですので、いい手法に出会えれば有効です。

ちなみに、FXBマニュアルはレンジブレークアウトに近い手法です。

チャートパターンなどを見ていきますので、その他のFX情報商材よりかなり優秀ですが。

 

 

③スイングトレード

ポジションを長期間もって行うトレードですが、最近は金利差スワップも少なく、乱交下することも多いので差益もとれないということで人気がありませんね。

この手の情報商材で多いのが、業者間金利の差を利用したスワップ金利ですね。

スワップで魅力的なのが豪ドル円です。

今は多いところで1万通貨で1日80円くらいです。売りだとマイナス70円位になります。

この金利差を利用したトレードが多いですね。

この金利差スワップを利用しても1万通貨で1日10円の利益にしかなりません。

月に300円ですよ。

さらに、売りでポジション持ったポジションはスワップで赤字が付くので、保証金を多く入れなければ強制ロスカットになってしまいます。

このためには少なくとも数十万円の資金が必要です。

月300円のために数十万円ですよ。

確かに銀行の金利より高いですが、手間暇とリスクを考えたら、割に合わないと思います。

ちなみに、これで月数十万円稼げる商材がありましたが、保証金で1億円以上必要になります。

1億あったら、日本国債でも買ったほうが、ほったらかしで、日本が破綻しない限り元本は保証されますし、0.3%前後の金利が付くので、1億円あれば金利が年間300万円くらいにになるので、こちらのほうがはるかに現実的な投資だと思います。

 

 

以上、見てきたように、まともな商材はないのが現状ですね。

デイトレードのレンジブレイクアウト手法は使えますが、高いお金を出さなくても、市販の書籍で十分です。

私が紹介している情報商材は上記のどれにもあてはまらないのでオススメしているのですが、それでも合う合わないがありますので慎重に検討する必要があります。

ちななみに、新バイナリーオプションの商材も探しましたが、国内に対応したものはほとんどありませんでした。

海外のバイナリーオプションは幾つかありましたが、海外は預けた保証金が帰ってくることが保証されないので注意が必要ですね。

実際、バイナリーは海外の方が儲かるらしいですね。

ただ保証金が戻ってこないリスクがあります。

そこらへんは個人でどこまでリスクを取れるかによりますが。

国内向けのバイナリーでは私が紹介している勝率100%の手法しかないような気がします。

100%なんてありえないですが、私の感想としてはほぼ100%です。

数年あるいは数十年に1度の大相場が、この数分に起これば負けることも考えられますが、現実的にはありえないと思います。

ルール変更がない限り安定的に稼げるというのが正直な感想です。

 

今回のヤフオクのFX情報商材の検証でわかったことはスキャルピングとスイングトレードに関しては、それがテーマになっているだけでほぼ価値のない情報です。

デイトレードは中にはいいものもありますが、それでも一般の書籍で学べるレベルを超えていません。

では何を信用すればいいのかというと、現在私が検証しているスイングトレード手法と、シグナル配信を試してみようかなと思っています。

また次回できれば結果とともにご紹介しますね。

 

 

 

 

 

 

1 / 212